自宅学習と塾での学習の親と子の向き不向きについて

3月末生まれの長女は、やはり同い年の子と比べると、体も小さいしとても考え方が幼いです。幼稚園の頃は、それでも仕方がないと思っていましたが、小学校に入ったらそうもいってられない状況になってきました。

体育や音楽、図工などは個性や得意不得意があると思いますし、努力ではどうにもならない部分があると思っているので、目はつむっています。しかし、国語や算数などの基礎的な学習に関しては、今やっていることを理解していないと、先に進んでいくにしたがって、どんどん置いていかれ、わからないまま学年が上がり、分からないから勉強が嫌いとなってしまっては困ると思い、手軽に始められる進研ゼミをやっていました。

確かに、家で手軽に始められる反面、分からなければ親が付きっきりで教えなければならず、更にそこで理解できなかったりするとお互いにイライラしてケンカになり、結果、テキストをやらずにどんどん溜まっていくという悪循環に陥りました。

このままではお金も時間も無駄だし、何よりも勉強が嫌いになってしまうと思い、近所にある学研の教室に入れることにしました。すると、勉強が楽しいと言うようになり、学校の宿題や塾の宿題にも積極的に取り組むようになりました。親子でのストレスもなくなり、学校で行われる小テストなどでも点数が徐々にですが上がってきました。

進研ゼミよりは割高ですし、送り迎えをしなければならないのは手間ですが、娘には家でコツコツやるより、こっちの方が向いていたんだなと思うと、それ以前にお互いにイライラしながら勉強してた時間がもったいなかったなと思いました。

受験できるほどの学力をつけさせたいとは思いませんが、せめてがっこうの授業を理解し、楽しく勉強してくれるように引き続き頑張ってくれたらいいなと、思います。https://www.itolosa.co/