なんだかんだ寂しくない私は、まだ運が良いのかなあ?

なんだろ?まだ運が良いのかなあ?と思います。LINEは、終わりました。しかしながらも、寂しいとは思いません。また違う雰囲気の中で、友達がいます。7月には、わからないことでした。やはり、あの7月の日曜日にLINEをやめて良かったのです。嫌われている人と、ムリしてまでLINEをしなくても良いのです。驚きました。本当に、LINEをやめて良かったのです。人生、なんとなくうまくいくと思います。つまずきつつ、日々を過ごしています。そうです。いやいやするなら、やめて良いのです。最近は、私は我慢はしていません。なんだかんだ、ワガママになってもいいのです。常識は、守ります。それでいいのです。嫌われたら、消えると良いのです。その時には、また違う出会いがあります。やはり、相性はあります。合わせられない人とは、別れていいのです。きっとそうです。逃げればいいのです。誰かが、助けてくれます。悪いことはありません。正直に話して、逃げましょう。恐れることはないのです

大橋様、これからかも知れませんね、失敬ですが

とある媒体を各週読んでいるのですが、なので連載をしている、大橋Kちゃん、最近は徹頭徹尾テレビで見なくなりました。前は政治かもやっていて、適切ご考え番的それぞれでこういう媒体もすがすがしいことを毎号話していたので、わたくしはこの人といった同考えなので気に入っていたのですが、亭主は癌と思う存分戦っているんですよね。何度も何度も危険な時期があっては再建ほどではないが、落ち着いての繰り返しでしたが、さすがにいよいよ、逝ってしまう。というのも、前週号で連載を終えたのです。とうにスタミナがないので。今春にも瞬間、休載していて、少し前に再建したのですが、案の定駄目だので。最後の前週は夫人と弟のアプローチを借りて作文を収めたそうです。亭主は自民党をひどくブーイングしていて、安陪ちゃんの不平を各週のように言っていて、それが読んでいて気持ちよくて、好きな連載だったんです。次いで前週号の最後に、安陪はヤバイヤツだと、参院選挙は何とかみなさん野党へ投票くださいという締めくくられていました。ちゃんとこだわりのそれぞれですよね。キャッシング 審査 期間