時間が経つとよく分かる、意外とあるのね、不用品。

季節に関係なく、大掃除をすることがある。
まぁ、気が向いたときが多いのだけど。

とあるTV番組で、整理整頓を特集していたのを見た。
その番組を見た後から、何だかとても引き出しの中が気になってしまった。

翌日になり、1つだけ衣類の入っている引き出しを開けてみた。
似合わない色の服が1枚出てきた。
しかも、ぴったりフィットするタイプの服で、お腹がちょっとぽこっと出てきている私にとっては、
とても微妙な服であったので、外してみた。

穴の開きかけた靴下と、小さくなった下着もね。
どっちもゴムがちょっとゆるくなりかけていたのと、布地が薄くなっていたので、これも外してみた。

自宅にいる時には気にもしないのだけど、急に出かけることになったり、お客様がいらしたりするので、
他の人から見た目線で考えて、見られたら照れる状態の物を外したのね。

数にしたら、たったの3つなのだけど、引き出しの中はスッキリしたような空気感になっていた。
この不思議な感覚は、何だろう?

もう少し日数が経ってから、もう一度見てみるわ。
似合わなくなった服が出てくるかもしれないしね。