掃除をあなどるなかれ。気が付けばもう夕方になる。

掃除をあなどるなかれ、と毎度感じているのですが、基本中の基本。
準備を万端にすること、が鉄則の掃除。
最近では雑誌に時短掃除やラク家事という特集が組まれてますが、キチンと呼んで実践しているには少ないはず。

私もそんな読者の一人。
美容院や病院の待合でサクッと呼んで、必要なネタや出来そうなことをだけを実践しているのですが、
どうもうまく掃除ができない。

そう、下準備をし損ねているから、毎度失敗をしている、ということに気が付きました。
例えば、大掃除シーズンであるあるの窓ふき。
100均やホームセンターで便利な窓ふき掃除グッズの紹介が雑誌に載っていることに目移りして、
肝心の窓拭きのコツや拭き方を全然理解していない私。

そして結構窓ふきって思いの他に、重労働で大変な作業。
だけど、思いつきでいつも窓ふきを実施するので、
予想よりも出来栄えがいまいちだったのです。

でも気づいたからには、今回はいい感じで窓ふき出来そう。
万全にマスクに、汚れてもいい服装、多量のクロス、軍手とビニール手袋。
休憩時間も考えて午前より開始。
幸先よく窓掃除、と思っていたのも束の間。

窓ふきに集中したらいいのに、次々と汚れを発見し、結局挫折。
単なる窓ふき掃除が、結局、
窓ふきに、ベランダ掃除に手すりの拭き掃除、ベランダに散らかした家庭菜園の片づけ、
自転車の拭き掃除にメンテナンス、ベランダに置きっぱなしにしていた不用品の数々。

気が付けばもう、15時。

そう、掃除をななどるなかれ。
掃除をするときは1点集中、あれこれ手出しするのは危険です。キレイモ カウンセリング