さようなら、紙の本さん。こんにちは、Kindleさん。

読書歴20年。
読書人の宿命、「収納スペースがもうない」の波にあらがえず、とうとうKindle Paperwhiteを購入してしまいました。
紙の本じゃなくちゃ読んだ気にならない! と思うかなと心配していましたが、実際使ってみるとなんと便利なこと!
スペースもとらないから鞄にするりと入れられますし、「収納スペースが……」と書店で頭を悩ませながら買う本を吟味しなくてもよくなりました。
何よりうれしいのは、一瞬で手に入ること。
新聞広告や電車の中吊り広告、周回しているブログ、読書仲間とのおしゃべりなどで手に入れた、「面白そうな本」の情報を得たそのときから、すぐに本を購入することができるのが、一番の利点だなと思います。
ついうっかりメモし忘れて、思い出せずに悔しい思いをしたり、書店で定員さんに「えーっと、確か、『世界から犬がいなかったら』とかそんな感じのタイトルだったような……」などとしどろもどろなことを言うこともなくなりました。
Kindle最高! もう手放すことができません。